タンメンと近江ちゃんぽん

スポンサーリンク

関西人は東京で初めてタンメンを食べる

タンメン

東京では当たり前のタンメンですが、関西ではまず見かけないよね。

というか、ちもやんも社会人になるまで食べたことがありませんでした。
五目そばとはまた違うしね。

社会人になって東京で仕事をするようになって、日高屋だったかでタンメンを食べたのが人生初タンメンやった気がするかな。

f:id:chimoyan:20210416165516j:plain

お酢とコショーとラー油

もうね、コショーやお酢やラー油やらですぐにハマリました。
その時は食べると下痢になるつけ麺や濃厚ラーメンに辟易していたんやろね。

そのうちタンメンの有名店を下調べするようになり、四谷のこうやとか大門の集来へも行ってみたり。

こうやはワンタン麺が有名らしいけど、タンメンも美味しくて衝撃を受けると共にそのとんでもない量の多さにも驚いたのをよく覚えているわ。
なんじゃあれ?
細麺なんだけど、啜っても啜っても永遠に減らんし、もやしとか野菜も超大量!

そんな感じで東京では積極的にタンメンを選択するようになりました。

・・・で、あるとき東京の日暮里で馬賊のタンメンを食べていて急に思い出したのである。
かつて、自分が近江ちゃんぽんにめっちゃハマっていたことを!
そうや!をかべのちゃんぽん!

 

近江ちゃんぽん

近江ちゃんぽんというのは滋賀県のローカルフードともいえる麺料理。
滋賀県彦根駅近くの「をかべ」が発祥といわれているそうな。

どっかの資本と多店舗化するうちに「ちゃんぽん亭をかべ」とか「ちゃんぽん亭総本家」とか名称が変更されていったみたいやけど、ちもやんは詳細を知りませぬ。
総本家とか元祖とかあるのはだいたいなんかあるみたいやけど?

今ではこのちゃんぽん亭総本家はサービスエリアやショッピングセンターのフードコートとかでも店舗をみるようになりました。

2000年前後の頃、この近江ちゃんぽんは、をかべ○○店という感じで滋賀県内の幹線道路沿いにけっこうありました。
その頃の店は、ラーメン屋さんというか、食堂という雰囲気だった印象。
当時、たまたま食べる機会があり、一発でめっちゃハマってしまったのだよ。
下阪本店とか矢橋店とか守山店とかしょっちゅう行ってました。

その頃のをかべは、今のちゃんぽん亭総本家よりも麺がモチモチで太くて全体的にもっと量も多かった気がするけど、実際はどうやろう?記憶ちがい?

んで、最近、立て続けに食べたのがこれ。

f:id:chimoyan:20210416165449j:plain

ちゃんぽん(ちゃんぽん亭総本家

そんでこのお酢です。
これが昆布だしのよく効いたお酢で、白濁系ではないこの近江ちゃんぽんにホンマよく合うんだわ。

f:id:chimoyan:20210416165530j:plain

とんでもない魔力を秘めたお酢

このお酢はもうね、食べ終わるまでに何度も追いがけしてしまう魔力があるんよ。
ちもやんはをかべでお酢に目覚めたとっても過言ではないんよね。

このお酢の容器はそんなに大きくないけど、以前のをかべではもっと大きなジョッキみたいな容器にたっぷりのお酢が入っていた記憶がある。

他には味噌ちゃんぽんやカレーちゃんぽんもあって、味噌ちゃんぽんは一味にお酢がまた合うんだわ。

f:id:chimoyan:20210416165502j:plain

味噌ちゃんぽん(ちゃんぽん亭総本家

カレーちゃんぽんもよく食べてたのを覚えているけど、お酢、かけてたかな?
さすがにカレーだからお酢はかけてないかも。
いやでも、このお酢の魔力に勝てず結局はかけてたかも。
う~ん、ちょっと思い出せないな。

をかべ以外にも近江ちゃんぽんのお店が彦根周辺にあちこちあるみたい。

 

タンメンと近江ちゃんぽんの最大の共通点

炒め調理だからどっちも熱々!!
おそらく一般的なラーメンより温度が高いんだと思われる。
この熱々をコショーとお酢とラー油で・・・萌愛。

タンメン好きには近江ちゃんぽんもおすすめですよ~。