技能実習生と新型コロナと失業給付

スポンサーリンク

コロナ禍で帰国困難者かつ失業者となる技能実習

技能実習生と失業給付

これまで失業給付を受給する技能実習生は原則的に殆どいませんでした。

会社に倒産や重大な法令違反等のなんらかの問題があっても、平時だと技能実習生の異動先は案外すぐ見つかるからです。

それに3年間なり5年間の実習計画を修了すると、失業ではなく、そのまま母国へ帰国となるでの失業給付金の機会がまずもってありません。

ただ、今回のコロナ禍においては飛行機の就航状況や各国の入国制限があり、思うようなタイミングで母国へ帰国することができません。

その為、実習計画修了後であっても、コロナ禍における特例措置により、特定活動(就労可)による雇用延長や転職であったり、先頃新設された特定技能へのビザ変更をすることが可能となっています。

しかし、私は就労をせず帰国できるまで待機しています、というような場合は失業給付の対象となってきます。

勿論、特例措置の特定活動(就労可)による雇用延長が元の実習先で叶わなかった場合に新たな就職先を探すまでの期間というのも失業給付の対象となってきます。

ただこういった事態ですので、当然ながら、仕事が薄くなっていても雇用を延長してくれる実習先の方が圧倒的に多いです。
それに雇用調整助成金(新型コロナ特例)もありますから。

f:id:chimoyan:20210410144242j:plain

失業給付金

コロナ禍における技能実習生の選択肢

ところが、元の実習先から雇用を延長してくれるというオファーがあっても、就労せずに帰国待機を選択する技能実習生もけっこういます。

そんなに時間も掛からず帰国できるだろうし、それまで失業給付を受給しながらノンビリ待っていようと考えるタイプ。

3年間なり5年間という期間をやりきった感で仕事への集中力が切れてしまった燃え尽き症候群ですね。
もう早く解放されたくて仕方ない。

基本的には、いつ帰国できるかわからないのを待ち続けるのも暇だし、特例措置で就労の機会が延長されるんだったら、帰国の目途が立つまで働きたいと考えるタイプの方が圧倒的ではあります。

失業給付の受給で就労意欲が無くなる技能実習

この失業給付金が思った以上に帰国待機者となってしまった元技能実習生をダメにしていきます。

だいたい平均的に15万円前後の失業給付を受給しているみたいです。

こうなってくると目標が帰国だけになっている元技能実習生の生活は自堕落の極みに陥りやすくてアカンですね。

酒・煙草・賭博・オンラインゲームで食事はインスタント麺。
一昔前の一人暮らしのダメダメ大学生と似たような生活!?

中には帰国の目途が立たないし、やっぱり、働けるところがあるなら働かせてくださいというしっかり者もいます。

でも、大半は一度失ってしまった労働意欲が戻ることはありませんね。

帰国できるまでの期間でいいから働きにおいでと声を掛けてくれる会社もありますが、そんなオファーにも彼らはもう見向きもしません。

ちなみに技能実習生の駆け込み寺みたいになっているお寺

度々、ニュースなんかでも取り上げられるベトナムを中心とする技能実習生たちの駆け込み寺みたいにいわれているお寺が全国に幾つかあるんですよ。

コロナ禍の中、実習先を放り出された技能実習生たちを受入れてくれるお寺に口コミで集まり、集団生活をしながら帰国できる日までお寺に住み込ませてもらっているという感じの報道のやつです。

これらのニュースを観た方がそういったお寺に農産物や食料品を送ってくれたり、寄付金があったりもするそうです。

そのような中、寄付というカタチではなく、住むところも用意するし、帰国の目途が立つまで「うちのところで働いてもいいよ」という支援を申し出てくれる会社も普通にぜんぜんあります。

その旨をお寺に電話をすると、
「彼らは失業給付も貰っとるで働く気なんかありゃせんで!」
「住むのも食うのも困っとりゃせんでな!」
ガハハハハッと笑いながら言われてしまいました。

そりゃそやね。

最後に誤解のないよう補足説明

ちもやんは技能実習生への失業給付を反対しているわけではないよ。
この件に関しては税金の無駄遣いだみたいな感情はまったくありません。

だって、技能実習生も税金を払っていますし、社会保険料もそれこそ雇用保険も支払っています。

特に雇用保険技能実習生の仕組みから支給実績がこれまで殆どなかったのが実情ですから、むしろ、今回のようなコロナ禍による帰国困難者に速やかに支給されたことは大変良かったと思います。

でも、技能実習生に限らず、もともと働く気を消失している者が給付金を受給したり、住むことや食べることを保護されると、その人の労働意欲の再起は難しいなということを改めて目の当たりにした次第であります。

セーフティーネットから出られなくなるというか、出る気がなくなるというか。
大人の引きこもりとか生活保護とかも似たような側面があるよね。 

まだまだ若くて帰国後の母国で将来性のある萌愛な技能実習生たち。
母国に戻ってしっかり労働意欲が再起してくれることを願うばかりです。

新型コロナの一番怖い後遺症は、各種給付金のバラマキや新しい生活様式とやらを捉え損ねたりすることにより、かつての労働意欲が無くなることじゃないかとも思ったり。
企業も人も。

f:id:chimoyan:20210410144255j:plain

ばらかまれる各種給付金